合格した先輩たちの声

京王八王子校

興学社学園東進を卒業した先輩たちの、喜びの声とアドバイスをお届けします。

毎年多くの現役生が難関大学に合格しています。

東進の合格実績は現役生のみ、通期講座を受講した生徒のみです。講習会生や模試会員は含まれておりません。

「まずはセンター!」センター過去問演習で実力をつけました

東北大学

薬学部
山本優希さん
八王子東高等学校

私が東進に入ったのは高3生入学締切日でした。夏休みが終わった後という遅いタイミングでも受け入れてもらえたことに感謝しています。

 

入りたい学部は決まっていたものの、志望校はなかなか決まらず、東北大に決めたのは夏休み中、オープンキャンパスに行った後でした。東北大を選んだ一番の理由は、研究に力を入れている大学だったからです。オープンキャンパスで実際に現地に行き、先輩方の楽しそうな雰囲気を体感し、ここでなら自分が満足できる大学生活が過ごせると思い、志望校を決定しました。

 

しかし、それから受験勉強を進めていくにつれ、絶対に入りたいという大学への思いが募る一方、模試の判定はいつも悪く、このままでは到底合格には届きそうにないという不安も増していきました。焦りや不安でつらい時、担任面談で先生方と話をしたことが支えになりました。勉強法に悩み、どうしたらよいのかわからなくなった時、担任面談で、今するべきことのアドバイスをもらったり、一緒に苦手を明らかにし、それをどうしたら克服できるのか相談しました。また、帰り際などの担任助手の方との雑談などはちょうど良い気晴らしになりました。

 

一番役に立ったアドバイスは、二次対策も必要だけど「センター対策をしっかりやる」こと、そしてある程度の捨てる問題を決め、取れる問題を確実に取れるようにすることでした。特にセンター数学で、最初は、時間があれば解ける、だから全部解こうとして時間がなくなってしまう、その結果点数が取れないということが多くありました。しかし、時間がかかる問題を後回しにしてすぐ解ける問題を優先して解き、確実に点数を伸ばしていく、この助言を実践できるようになると、点数は10点くらい上がりました。

 

センター前の12月、1月、二次試験の問題が全然解けない、でもセンターの得点も伸び悩んでいる、そんなときも、「まずはセンター」この言葉を信じてセンター対策に集中できました。

 

結果、センターの得点率は自己最高となり、センターの占める割合が高い東北大のAO入試で合格することができました。スランプや直前の焦りでどれも手におえず全て中途半端で合格点に届かない、などという結果にならないよう、その時その時、大事なことを見極めることが大事だと思います。今必要なことは何なのか、しっかり見極めて合格を勝ち取ってください。

 



東進を選んで本当に良かった

青山学院大学

教育人間科学部
金澤大斗さん
八王子東高等学校

僕が東進を選んでよかったと思う点は、三点あります。

 

一つ目は、映像による授業を、いつでもどこでも、自分のペース、やり方で進められることです。これは東進でしかできない大きな利点だと思います。

 

僕は数学が本当に苦手でわからないことだらけでしたので、同じところを一時停止して何度も見直しました。映像による授業でも分からない時は、学校の先生に聞くなど、学校と塾のいいとこどりをする事も大切です。また、モチベーションが上がらない時は少し休憩することもありました。

 

二つ目は過去問演習講座センター対策大問分野別演習です。夏休みが終わってからは、毎日演習を欠かしませんでした。センター試験はテクニックや経験が大切です。この演習で、時間配分や、点の取り方を知ることが出来ます。僕はこれで数学の点数が30点は上がったと思います。また、数をこなすことが自信にもつながります。

 

三つ目は担任助手との距離が近い事です。これが一番の利点だと思います。僕は勉強するときは東進でと決めていたので、東進は第二の家のような存在でした。担任助手の方とする他愛のない話でいつも元気になれました。

 

センター試験の国語でマークミスした時は本当にショックで、勉強が手に付かず就職や専門学校も視野に入れましたが、先生達に相談し、励ましてもらうことでなんとかモチベーションを保つことが出来ました。 

 

大学受験は通過点です。もちろん自分の行きたい大学に行く事がベストですが、それだけで人生が決まるわけではありません。だからそんなに思いつめない事が大切です。

 

皆さんも志望校合格を目指し、周りの人への感謝を忘れず頑張ってください。

 



夏の特訓合宿で受験生になれた

上智大学

外国語学部
佐藤杏柚さん
工学院大学附属高等学校

大学受験では、自分のやるべきことを理解して、それを最後の最後までやり抜くことが大切だと思います。

 

私は、試験当日まで毎日英語の音読をしたり、世界史の資料集をいつも眺めて隅々まで覚えたことが志望校合格につながったと思います。

 

私は、高校3年の8月中旬まで毎日、朝から夕方まで部活をしていました。周りの受験生と比べて、本格的な受験勉強のスタートが遅れていたので、部活を引退してから勉強を始めて間に合うのか、とても不安でした。しかし、東進の学習システムは自分のペースで部活後でも授業を進められ、自分の来られる時間に来校して自習もできたので、部活との両立をしながら、着実に志望校合格に向けて勉強することができました。

 

また、「英単語センター1800」などのスマホアプリで、単語や熟語、簡単な文法を隙間時間に携帯で勉強でき、来校できない日には授業を自宅受講できたことも良かったです。

 

東進では夏の特訓合宿が印象に残っています。4日間ただ勉強をするだけでなく、グループ・ミーティングで将来について話したり、お互いの勉強法や受験生としての心の持ち方などを話し合ったりできたので、本当に良い経験になりました。また、この合宿を通して音読の大切さを知ることもできました。部活を引退したばかりだった私にとっては、合宿のおかげでスムーズに気持ちを切り替え、受験勉強へのスタートダッシュをきめることができました。

 

合宿後は、毎日開校から閉校まで東進に通いました。私は家で勉強できないなと感じた時は、とりあえず来校するようにしていました。来校してしまえば、勉強以外にやることがないので自然と勉強できました。また、信頼できる担任の方が直接、各科目の勉強法や、自分のやるべきことなどを細かく教えてくださったので頑張れました。

 

私は、センター試験後に気が抜けてしまったのですが、その時も担任の方が相談に乗ってくださり、自分では思いつかなかったような息抜きをアドバイスしてくださったので、第1志望である私大の受験に向けてまた頑張ることができ、合格できました。

 

最後に、大学受験では自分のやってきたことを信じることが、本番で力を出し切るために大切だと思います。そして、本番に向けて今、頑張ることが自分を信じることにつながると思います。これからは、合格に向けて猛勉強した経験を自信にして、大学生活を頑張りたいです。

 



最高の環境で部活との両立ができました

中央大学

文学部
德田桜香さん
日野台高等学校

私の高校生活は、行事と部活に没頭し、勉強は二の次という状況でした。

 

しかし三年生になり、さすがに焦り始め、友人の紹介で夏休みから東進に通い始めました。定期試験の前だけ真剣にやり、毎日勉強するという習慣がなかった私にとって、急に一日何時間も机に向かうというのは大変なことでした。

 

けれども、担任との面談を通じて、自分の実力とそれ伸ばすためにやるべきことを確認し、毎月行われる模試の点数が伸びていったことにより、勉強することが楽しくなりました。

 

その頃から長時間続けて勉強できるようになってきました。東進は毎日朝早くから夜遅くまで開いていて自習室を利用出来るため、家で集中出来ない私には最高の環境でした。また担任助手の方が笑顔で沢山話しかけてくださったため、毎日楽しく通うことが出来ました。

 

私は、英語、国語、日本史で受験しました。苦手だった古典は単語を覚えることから始めました。また板野先生の授業をとり、助動詞などを語呂を使って楽しく覚えました。

 

比較的得意だった英語は、確実に安定して点数を取るために、英単語は毎日欠かさずやりました。リスニングは、安河内先生の授業をとり、音読のところで英文を何度も聞き耳を慣れさせました。

 

日本史は、紙に書きながら用語を暗記し、漢字も正しく覚えられるよう心がけました。

 

勉強していて三教科に共通して大切だと感じたのは、過去問を沢山解くことです。自分の苦手な分野を知ることが出来る上に、問題を解くことで傾向を知り、本番のリハーサルになるため、頻繁に過去問を解くことがおすすめです。

 

また、単語の暗記は、時間がかかり大変だと思いますが、過去問を解き、点数を上げるためには、まずやるべきマストな試験勉強だと思います。

 

私は将来、公務員になりたいと考えています。そのため公務員試験対策が充実している中央大学を志望しました。毎日東進で頑張った経験を糧に、大学に入学しても勉学に励みたいと思います。

 



短期間で集中し、効率よく勉強できました

首都大学東京

人文社会学部
小澤日菜子さん
南多摩中等教育学校

私が東進に入塾して受験勉強を始めたのは高3の一学期でした。それまで部活にばかり集中していて勉強する習慣がなく、周りよりもスタートが遅れてしまったことや本気で続けられるかということが始めはとても不安でしたが、毎日通って自習室を利用し勉強していく中で自然と習慣がつくようになりました。

 

1年弱でセンター試験と二次試験のための学習を仕上げるために、担任の先生と相談しながらできるだけ効率の良い勉強を心がけました。1学期中に高速マスター基礎力養成講座で数学や英語の基礎を固め、夏休みにかけては慎先生の英文法と英語長文の授業を受けました。夏のうちに英語を固めておくことでその後他の教科に多く時間を避けるようになったと思います。

 

2学期は9月の学校行事が終わってから第一志望校や併願の私立大学の過去問対策を始めました。過去問対策講座では10年分のボリュームと解説授業、丁寧な添削で復習に役立てることができました。年内に10年分を1周終わらせられたので心の余裕ができてよかったです。また、センター試験に向けての過去問対策講座では本試験の過去問に加えて東進の模試の過去問も解くことができるので、数多くの問題での練習が必要なセンター対策にはおすすめです。

 

試験本番はとても緊張しましたが、その時に自分を落ち着かせることができたのは「これまで頑張ってきた」という自信でした。当日の自分に不安を残さないように、後悔しないようにという気持ちで対策していました。

 

面談での相談や、先生たちからの暖かい応援が励みになりました。短期間の急ピッチの受験勉強の中で、学校行事なども楽しみながらメリハリをつけて努力することができて良かったです。自分に合ったやり方で、こつこつ継続していくことが大切だと思います。