合格した先輩たちの声

新越谷駅東口校

興学社学園東進を卒業した先輩たちの、喜びの声とアドバイスをお届けします。

毎年多くの現役生が難関大学に合格しています。

東進の合格実績は現役生のみ、通期講座を受講した生徒のみです。講習会生や模試会員は含まれておりません。

第一志望校に合格したいという強い思い

慶應義塾大学

文学部
宮尾映理子さん
浦和明の星女子高等学校

私が東進に入学したのは高校1年の春でした。中高一貫の学校に通っていたので高校受験もなく勉強をおろそかにしていて、このままではどんどん成績が落ちてしまうと思い、入学を決めました。しかし高校1年の時は、ただノルマをこなすだけで真剣に勉強に取り組んでいるとは言えない状況でした。そんな私が志望校に合格できたのには、ふたつの理由があります。

一つには、第一志望校に合格したいという強い思いがあったからです。私は勉強があまり好きではなく、受験勉強中何度も、もうやめたい、勉強せずに遊びたいと思いました。それでも、第一志望校への思いがあったので、毎日勉強を続けることができました。ここで勉強しなかったらあとで必ず後悔する、そう自分を奮い立たせ続けたことが合格へとつながったんだと思います。なので、まだ志望校を決めていない受験生はなるべく早く決めるべきです。だれでも目標を明確にしないまま、努力することは不可能です。そして志望校を決めるなかで、自分の将来について一度真剣に考えることが必要だと思います。将来の夢が決まっている人なら、そこから逆算してその夢を叶えるための大学を選ぶことができます。まだ決まってない人は、一度じっくりと将来について考えてみてください。具体的でなくても、自分が思い描く将来は見えてくるはずです。

次に、東進で勉強していたことです。私は家では勉強に集中できなかったので、常に東進に行って、そこで勉強するようにしていました。また、自分よりも成績の良い子や勉強時間の長い子から刺激を受けて、自分のモチベーションにしていました。そして担任の先生との面談が自分の受験生活を支えてくれたと思います。すこし気が緩んだり、心が折れそうになったとき、励ましてくださり、この面談の時間がなければ私は受験を乗り越えられなかったと思います。人によって異なるとは思いますが、受験生のみなさんは自分なりの東進の活用方法をみつけてみてください。東進の先生方は全力でサポートしてくれると思います。

大学では、自分の将来の目標にむかって、常に努力しつづけたいと思います。志望校合格して終わりにするのではなく、新たなスタート地点に立ったと思い、さまざまなことに挑戦していきたいです。

 



東進で毎日勉強することを習慣化

東京工業大学

生命理工学院
山川萌恵さん
豊島岡女子学園高等学校

東京工業大学生命理工学院に合格しました。私は最終的にAO入試を利用して合格しましたが、一般入試を利用して合格することを第一目標としていたため、生物のみに絞るのではなく全教科満遍なく勉強していました。

 

部活を引退した高2、3月から毎日東進に通うことを心がけ、東進で勉強する。ということを日課にしました。夏休み前までは学校の授業の予習、復習をメインに主に理系科目の基礎の確立、夏休みには苦手科目の克服に加えて各科目の問題集を解き、演習を行っていました。10月からは演習をつづけながら過去問対策にも取り組みました。

 

12月からはAO入試の対策も行っていたため、センター試験対策や過去問対策にかけることができる時間は少なくなりました。しかし、東進のセンター試験本番レベル模試でセンター形式に慣れていたことで本番は安心して受験することができ、過去最高得点で無事にAO入試の一次試験を突破することができました。

 

AO入試ではセンター試験、生物のみ利用することとなりましたが、東進で毎日勉強することを習慣化し日々演習にとりくんでいたため得意科目であった生物の成績をさらに伸ばすことができ、この結果に繋がったのだと思います。

 

大学進学後は中高時代から興味をもっている生物や医学に関わる分野だけでなく、さまざまな分野について深く学んでいきたいと考えています。そして、自分らしい方法で社会に貢献できる人になりたいと思います。いままでありがとうございました。